未分類

【映画】『テッド』を英語字幕で観た感想! 使われている英語は意外と簡単!?

更新日:

 

どーもー、タケシです!

今回は、初めて映画のレビューをしたいと思います!笑

今回、紹介する映画は『テッド』です!

『テッド』は実際に、日本でも上映されていましたね!

私は一度も観たことがなかったのですが、Netflixに入っていたので、英語版で観てみました!

あらすじ

1985年、ボストン郊外。誰にも相手にされない孤独な少年・ジョンは、クリスマスプレゼントでもらった唯一の話し相手であるテディベアと、本当の友人になれるよう天に祈りを捧げる。翌朝、ジョンの祈りは通じ、魂が宿ったテディベア“テッド”はジョンに「一生親友だよ」と約束する。しかし、やがて奇跡は日常となり、少年は大人へと成長する……。それから27年。ジョン(マーク・ウォールバーグ)はいつまでも青春時代から脱却できないダメ男に成長、テッドも見た目は可愛いテディベアのままだが中身だけが成長し、いまや下品なジョークと女の事で頭がいっぱいの中年テディベアに成り下がっていた。少年時代の約束通り、親友として今日も自宅ソファーで自堕落で低モラルな毎日を送るジョンとテッド。そんな中、ジョンは4年間付き合っている彼女ローリー(ミラ・クニス)から、自分かテッドのどちらかを選ぶよう迫られ、テッドから自立することを決意するが……。

Movie Walkerより引用)

感想

日本で公開された時は、かなりヒットしていた印象でした。

テレビを観るたびに、CMで流れていたのをなんとなく覚えています笑

私は、長時間観るのに耐えられないため、この5、6年間、一切映画を観てこなかったのですが、『テッド』は途中で飽きたり、眠くなったりすることなく観ることができました!

主人公のジョンとテッドが、かなり下品でおバカなのですが、そのおバカ全開な感じが面白く、ネットでは賛否両論ありましたが、個人的には好きです笑

また、ただ面白いだけでなく、感動的なシーンもあり、前半では考えられなかったのですが、泣いてしまいそうでした笑

R15ということで、営んでいるシーンや、ジョンとテッドがマリ◯ァナを吸っているシーンなどもあり、それ以外にも下品なシーンが所々あり、子供には絶対にオススメできる映画ではありません笑笑

テディベアであるテッドも、見た目は可愛いのですが、中身はがっつりエロオヤジといった感じなので、そのギャップがまた面白かったです笑

この作品が、自分によって初めてのアメリカの映画だったのですが、「アメリカの映画ってヤバいな。」と唖然としてしまいました笑

個人的に、このヤバさにハマってしまいそうです笑

作中で使われている英語は、特に難しいわけではなく、話すスピードも、めちゃくちゃ速いというわけではありませんでした。

セリフでは、とにかくFuckという単語をよく使ってました笑

Fuck以外にも、ところどころ汚い言葉が使われていたものの、中学〜高校レベルの英単語がしっかりと覚えられていれば、内容を理解することは難しくないと思います!

英語学習をしている方で、年齢制限をクリアしている方は(笑)、ぜひ英語の音声で挑戦してみて下さい!

『テッド』が観れる動画配信サービス! 

U-next(月額1990円(税抜)・31日間無料)

無料トライアル実施中!<U-NEXT>

Netflix(月額800〜円・30日間無料)

Netflix (ネットフリックス) 日本 - 大好きな映画やドラマを楽しもう!

アマゾンでレンタルもできます!

というわけで、今回はここら辺で終わりにしたいと思います!

ここまで読んでいただき、ありがとうございます!

では皆さん、一緒に勉強頑張っていきましょう!!!

Twitter:@TToeic990

 

スポンサーリンク

-未分類

Copyright© バカでもTOEIC990! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.