ゲーム実況者が本気で目指すTOEIC990点&英検1級物語。

どーもー、タケシです! ブログ・TOEIC・ゲーム実況・大学生と色々やってる大学生です!このブログでは主に英語学習について、「私の実体験をもとに」、記事を書いています! 資格一覧: TOEICスコア 890点 英検準一級取得 漢検2級取得

TOEIC パート3・4の正答率を劇的に上げるための解き方!

 

どーもー、タケシです!

 

今回は、私が実践している、TOEICパート3&4の解き方について、紹介していきたいと思います!

 

 

 

 

 

解き方!

 

基本的には、すべての設問を先読みします!

 

先読みをしっかりと行うことによって、リスニングを聞く前から、内容を想像することができるので、聞いたときに、より内容を理解しやすくなります。

 

 

そして、先読みで選択肢をすべて読むことにより、解答にかかる時間を短くすることができます!

 

解答時間が一瞬でできるようになれば、次の問題の先読みにも時間が取れ、スラスラ解いていくことができるため、とても良いテンポでリスニングを解くことができるようになりました!

 

先読みは基本的には、Partの最初で流れる説明の時にやります。

 

その時に注意すべき点は、設問を理解しながら、丁寧に先読みすることです!

 

もちろん、できるだけ多くの設問を先読みすることも大切なのですが、何が聞かれているのかを、ちゃんと理解できていないと、先読みの意味がありません。

 

 

丁寧な先読み→音声を聞く→一瞬で解答→丁寧な先読み→音声を聞く→一瞬で解答→、、、、

 

 

この流れで、リスニング問題を解くことができれば、時間的にも精神的にも余裕をもって問題を解くことができリスニングパートでの得点を伸ばすことができます!

 

先読みするときに設問・選択肢の英文をパット見てある程度理解できるようでなければいけません。

 

なので、どれだけ少ない時間で、先読みした内容を理解できるかがです。

 

 

 

 

 

 

リスニングパート 先読みのコツ

 

ここで先読みのコツを紹介したいと思います!

 

1、選択のポイントとなるところだけ読む!

 例えば問題で

 

 35,Where most likely dose the woman work?

         (A) At a real estate agency.

         (B) At a construction company.

         (C) At an airport

         (D) At a taxi stand.

 

という問題があったとします。

そうしたら先読みは、、、

 

f:id:ktakeshi1214:20170628190612j:plain

 

この画像の通り赤枠で囲まれた部分だけを上から下にサーーーっと読みます!

 

赤枠の前の、At a(an) は読まなくても問題は解けるのでそこの先読みを省いて少しでも時間を短縮することがここでの狙いです!

 

主に設問の1番最初の問題にある、場所・職業などを問う問題にはとても有効的です!

 

ほんのすこしの、時間短縮にしかならないと思うかもしれませんが、このような問題が複数出てきた場合、合計したらかなりの時間短縮につながります!

 

 

2、少し長めの選択肢が出てきたら先読みを後回しにする!

 

特に新形式になってから、意図問題と呼ばれる問題が増えてきました。

 

設問が長い問題は、意図問題である可能性が高いです!

 

そして、これらの問題は、難しいことが多いです。

 

 

長い設問・選択肢が出てきたら、とりあえず1回読んでみて、わからなかったとしても、どんどん先読みを進めることをオススメします。

 

短い選択肢の設問は、すぐに答えられる問題が多いので、そのような問題の先読みができなかったなんてことにならないようにしましょう!

 

3、わからない問題は潔くあきらめる!

 

どうしてもわからない問題が出てきてしまいます。

 

このような問題は、すぐにあきらめて次の問題の先読みをしましょう!

 

わからない問題はいくら考えても、答えがわかることは、ほとんどないので、1番良さそうな選択肢にマークを付け、次の問題の先読みに時間をかけた方が良いです!

 

そのわからない1問に時間を費やすよりも、その問題を捨て後の問題を正確に解くことの方がスコアアップにはつながります!

 

仮にその問題に時間をかけてしまった場合、時間が足りなくなってしまい、後の問題にツケが回ってきてしまうため、簡単な問題を解けなくなってしまう可能性があります。

 

また、ある研究では30秒考えるのと60分考えるのとでは答えはほぼ一緒になるという結果も出ています。

 

 

 

4、途中で答えがわかったらすぐ解答する!

 

このやり方はもしかしたら少し難しいかもしれません。

 

音声を聞きつつマークをしなければならないのでマークをしているときに、音声を聞き忘れてしまうかもしれないからです。

 

いきなり本番で試すのではなく、模試を解くときなどで練習してみてください!

 

しかし、これができれば解答の時間を一気に減らすことができ、より次の問題の先読みができるようになるのでできるならおススメです!

 

ただし、無理はしないようにしてください(笑)

 

 

ここまでが、私が実践している、パート3・4の解き方です!

 

何か一つでも参考になれば、幸いです!

 

 

 

というわけで今回はここら辺で終わりにしたいと思います!

 

ここまで読んでいただきありがとうございます!

 

では皆さん、一緒に勉強頑張りましょう!!!

 

 

Twitter:TToeic990

 

 

 

 

<