ゲーム実況者が本気で目指すTOEIC990点物語。

どーもー、タケシです!ゲーム実況者でありながらTOEICの勉強に励んでる大学生です!このブログでは主に英語学習について皆様と情報を共有できたらなと思っております!

今月、私のTOEICテストが2回ある件 (7月)

どーもー、タケシです!

先週、TOEIC公開テストも終わり次の7月23日のTOEIC公開テストにむけて頑張ろうと決心した矢先、とんでもない驚愕の事実が判明されました、、、!?

それは題名にもある通り、今月、私のTOEICテストが2回あるという事実です!!!!!!

、、、、は?お前は何を言っているんだ!?

と思った方がもしかしたらいらっしゃるかもしれません。

また、なぜそのようなことが起こってしまったのかなんとなくわかっている方もいらっしゃるかもしれません。

では、その理由はと言いますと、、、

 

 

 

 

7月23日にTOEIC公開テスト、そしてその約1週間後の7月29日にTOEICIPテストがあるからです!!!

ご存知の方もたくさんいらっしゃるかもしれませんが、TOEICにはいくつか種類がありまして、まずTOEIC公開テストは年に10回開催されている個人で申し込んで受けるテストがあります。

では、TOEICIPはと言いますとTOEIC公開テストとは違い10名以上集めれば公開テスト以外の日にちにそれも好きな日に受けられるものです。

まあ、団体受験ですね!

大学などではよく学生に強制参加で受けさせ、英語の授業のクラス分けに使われているTOEICはこのIPであることがほとんどでしょう(笑)

テスト内容に関しても公開テストとIPでは変わりはありません。(今年度からIPも新形式になりました)

受験料は個人で申し込む時よりも割安になります!

個人ですと1回の受験で5725円なのですが、IPの場合ですと私は3300円でした。(IPの受験料は団体によって変わってくると思います。詳しいことは公式から見てみてください!)

ここまで読むと、IPめちゃくちゃええやん!ってなりますよね!?

しかし問題点が1つあるんですよ、、、

それは、スコアは出るのに公認認定証がでないことなのです!

公開テストの場合はスコアとともに公認認定証がでるわけなのですが、IPの場合は公認認定証が出ません。

就活の際には公認認定証がないからと言って履歴書にIPのスコアを書けないというわけではないのですがTOEICスコアを公的に証明しなければならない場合、IPのスコアは使えません、、、

例えば教育採用試験の1次試験免除、企業によっては証明書を出させるところもあるそうです!

結論、IPは場合によっては使えないことがある(笑)

 

実は、今回のIPが嫌な理由はそこだけではないんですよ、、、

7月の日程なのですが、、、

7/23 公開テスト

7/24~7/28日 怒涛の期末テストラッシュ!!!

7/29 IPテスト

7/31~8/4 怒涛のテスト返却&再試祭り

 

こんな感じで、7月の後半は過密スケジュールとなってるわけですよ、、、

これに、私の場合は塾のバイトをやっておりますので、中坊の夏期講習も入ってくるわけで今から考えるだけでもぞっとします、、、(笑)

 

まったく、どんなタイミングでIPテスト入れやがったんだ、コラァーーーーーー!!!!

 

そんなわけでこんなクソ日程にした大学を私は本当に許しません(笑)

さらにIPは学校で行われ、集合は朝9時なのです!

、、、そんなん絶対テスト中に寝るやん!!!

まあ、もう日程として決まってしまったものはしょうがないですね(笑)

自分ができる限りの範囲で頑張って乗り越えていきたいと思います!

 

そんなわけで今回はここら辺で終わりにしたいと思います!

ここまで読んでいただき本当にありがとうございます!!!

では皆さん、一緒に勉強頑張りましょう!!!!

 

 

Twitter:TToeic990 ぜひフォローしてください!

また、よろしければこのブログの読者なってください!!!