ゲーム実況者が本気で目指すTOEIC990点物語。

どーもー、タケシです!ゲーム実況者でありながらTOEICの勉強に励んでる大学生です!このブログでは主に英語学習について皆様と情報を共有できたらなと思っております!

TOEIC たった1ヵ月で105点スコア爆上げするための勉強法! ~リーディング編~

どーもー、タケシです!

8月はTOEIC公開テストないので、なんか気持ち的に暇ですね(笑)

その分、9月の公開テストは9月入ったらすぐに来るので、焦りそうですね、、、

この8月でしっかり対策しなきゃ!

 

前回は私が1ヵ月で105点スコアを爆上げした時に、やっていた勉強法リスニング編についてを書きました!

というわけで今回はリーディング編いきたいと思います!

 

 

リスニング編をまだ読んでない方はぜひこちらも読んでください!

 

www.toeic.work

 

では早速パートごとに紹介していきます!

 

パート5

パート5の勉強に関しては、ただただ数をこなしていた感じでした!

文法に関しての基礎知識はある程度固まってきて、文法特急を2冊とも完璧にした後だったので、仕上げとして『文法でる1000問』で多くの問題を解きまくりました!

2冊の文法特急は復習もかねて、大学の通学時間などのスキマ時間にやっていました。

 

1000問解き切るというのはとても根気と時間が必要です。

しかし、1000問解き切った後に受けた、TOEICではパート5が驚くほど速く解けるようになりました。

結果的には、文法の関しては、90%の正答率を達成することができました!

やはり、文法の知識が固まってきたら多くの問題をこなして、体にしみこませることが大事だと思います!

文法に関しては、最初から数をこなすより、時間をかけてでも丁寧にやって、固まってきた後、多くの問題をこなして体に染み込ませていく方が良いと思います!

また『文法でる1000問』には、文法特急には出てこなかった、かなり高いレベルの問題もでてくるので、この参考書を完璧にすることによって、文法の正答率を100%までもっていくことができると思います!

 

文法特急2冊、文法でる1000問と計3冊やっていいたのですが、どの参考書をやるにも共通してやっていたのが、音読です!

パート5の音読に関しては、以前のブログでも紹介したのですが、やはりパート5でも音読が効きます!

電車などの移動時間はさすがに音読はできないので(笑)、脳内再生したり口パクしたりしてました。

口パクでも周りから見たら変人ですけどね(笑)

まあそれだけTOEICに熱心だったわけですよ!

 

パート5の音読に関してはこちらから!

 

www.toeic.work

 

 

 

TOEIC L&Rテスト 文法問題 でる1000問

TOEIC L&Rテスト 文法問題 でる1000問

 

 

 

パート6

パート6では『TOEICL&RTESTパート6特急新形式ドリル』を使っていました。

パート6でも、スクリプト音読は欠かさず行いました。

旧型式だと、パート6の問題はパート5と同様に文法問題が多く、パート5をやっていればパート6もある程度できたのですが、新形式になってからはそうはいかなくなりました、、、

パート6では特に文挿入問題が追加された上に、文脈を理解していないと解けないような問題が増えてきました。

パート6は問題数は少なく地味な感じがしますが、難易度が増し、侮れないパートになりました。

そこで役に立つのが、『TOEICL&RTESTパート6特急新形式ドリル』です!

新形式ドリルというだけあって、完璧に新形式の問題に対応していて、パート6を論理的に解く方法がびっしりのっています!

このパート6特急の問題を繰り返し解き、解説を丁寧に読むことで、パート6の対策はほぼほぼできます!

そこに音読まですれば完璧です(#^^#)

 

 

TOEIC L&R TEST パート6特急 新形式ドリル (TOEIC TEST 特急シリーズ)

TOEIC L&R TEST パート6特急 新形式ドリル (TOEIC TEST 特急シリーズ)

 

 

 

パート7

パート7では『究極のゼミpart7』を使っていました。

この究極ゼミでは、問題の種類ごとのアプローチ方法が細かく解説されていて、読むだけでもとても勉強になります!

パート7でも音読は欠かさずやっていました。

ここまでとても音読を押してまけど、音読で意識することについて紹介したいと思います!

音読するときに意識することは、大きくあって2つです!

1つ目は文脈。2つ目は文節です!

文脈を意識しながら音読することは、みなさんもやってらっしゃると思います。

しかし、ここで文節にも気を向けて音読してみてください!

文節を瞬時に分けながら読むことができるようになれば、文脈の把握も理解しやすくなりますし、文構造も理解しやすくなります。

特に関係代名詞で修飾されている部分、省略された部分、接続詞でつながれている部分など、苦手とする人が多い個所を繰り返し意識しながら音読することによって、より早くより正確に英文を読むことができるようになります!

 

文節を意識しながら音読することはパート7に関わらず、英語を勉強するうえでは大事なことなので、是非これから意識してみてください!

 

 

【新形式問題対応】TOEIC L&R テスト 究極のゼミ Part 7

【新形式問題対応】TOEIC L&R テスト 究極のゼミ Part 7

 

 

 

ここまでが私のスコアを爆上げした1ヵ月間の勉強法でした!

やはり音読が今回もキーポイントになりましたね!

次の勉強法の紹介は私のスコアが900点を超えたときに、改めて紹介したいと思います!

私もまだまだ頑張らなくては!

 

よろしければ参考にして、実践してみてください!

この勉強法によって一人でも多くの人が理想のスコアを取れるようになればいいなと思っています!

 

というわけで今回はここら辺で終わりにしたいと思います!

ここまで読んでいただきありがとうございます!

では皆さん、一緒に勉強頑張りましょう!!!

 

Twitter:TToeic990 ぜひフォローしてください!