ゲーム実況者が本気で目指すTOEIC990点物語。

どーもー、タケシです!ゲーム実況者でありながらTOEICの勉強に励んでる大学生です!このブログでは主に英語学習について皆様と情報を共有できたらなと思っております!

難化したリスニングに対策しよう!!! リスニング演習オススメの参考書! ~公式トレーニング リスニング編~

どーもー、タケシです!

 

最近のTOEIC公開テストは、リスニングパートがかなり難しくなってきていますね、、、

 

逆に言えば、このリスニングでしっかりスコアが取れるようになれば、800点、900点といったスコアが見えてくるのではないのでしょうか!?

 

実際に、リスニングの方がリーディングよりもスコアは上げやすいという話もありますからね(笑)

 

そんなわけで今回は、リスニングに関してオススメの参考書を1冊紹介したいと思います!

 

今回紹介する参考書はこちらです!

 

f:id:ktakeshi1214:20170923152129j:plain

『公式TOEIC Listening&Leadingトレーニング リスニング編』です!

2017年6月23日に公式から発売された参考書になります!

 

以前、発売日に私のブログでも取り上げたのですが、その時は詳しいレビューやオススメの勉強法には触れていなかったので、この2か月間実際に使用してみた感想&勉強法について、今回は紹介していきたいと思います!

 

ちなみにリスニング編という名前からもわかる通り、もちろんリーディング編もあります。

しかし、リーディング編に関しては使用者の評価はかなり低いですね(笑)

理由もいくつかあるのですが、そちらも後々お話していきたいと思います。

 

まずは2か月使ってみた感想からいきたいと思います!

 

 

独断偏見に満ちた五つ星評価

 

こちらのコーナーは参考書の紹介では鉄板にしていきたいと思います(笑)

過去の紹介記事は、順次増設していきます!

 

難易度 ★★★★☆

 

公式から出ているため、難易度は本番同様です!

簡単な問題から難しい問題まで、本番レベルの問題を解くことができます!

 

解説のわかりやすさ度 ★☆☆☆☆

 

なんとこの参考書には問題の解説が無いです!

しかし、日本語訳だけはのっているので★は1つです(笑)

リーディング編も同様に解説が無いので、アマゾンなどでの評価が低しのかもしれないですね(笑)

 

費用 ★★☆☆☆

 

公式からでているので、値段はほかの参考書に比べ高いですね、、、(笑)

(公式問題集なんてかなり高いですからね(笑))

 

費用対効果 ★★★★☆

 

本番と同様のナレーター、レベルでトレーニングできるという点で費用対効果は高めにしました!

これで、解説がしっかりのっていれば満点でした。

  

手に入れやすさ  ★★★☆☆

 

公式問題集がおいてある書店であれば、高い確率でおいてあると思います!

書店まで行くのがめんどくさいという方はアマゾンでも売っています(笑)

 

 

継続度 ★★★★☆

 

問題が20セットに分かれているので、1日1セットを目安にやれば20日間で1周を終えることができます!

セットで分かれているので、継続度は高めです!

  

オススメ度 ★★★★☆

 

本番と同じレベル、ナレーターで問題を解けるのは公式から出ている参考書だけなので、オススメ度としてはかなり高いです!

しかし、先ほども申し上げた通り解説が無いので、この参考書を始める時期は考えた方がいいと思います。

リスニングスコアが350点前後あれば、解説が無くても理解できると思います!

 

 

 

良かった点

・本番と同じ雰囲気の問題を解くことができる!

 

これは公式ならではの特権ですね。

 

・問題数が豊富!

 

パート1~4まで計372問の問題が収録されているので、問題数はなかなか多いと思います!

 

・この1冊で全パートをバランスよく勉強することができる!

 

各セットごとにパート1~4までの問題が組み合わさっているので、この1冊でリスニン全パートを勉強することができます!

 

 

悪かった点

・値段が少し高いかな?(笑)

 

372問収録されているので、それなりに満足なのですが、2000円以上するなら500問近く問題数欲しかったなという感じです(笑)

 

公式から出ている&CDにより値段が高くなってしまうのかもしれないですね。

せめて音源はネットでダウンロードできるようにして、CD代だけでも値段を落としてほしいものです!

(それを考えると、特急シリーズって神ですね(笑))

 

 

・パート1、2の音源のトラックが問題ごとに分かれていない!

 

これはシャドーイングをリスニング勉強の中心においている人にとってはかなり大問題ですね!

これまでの公式問題集は問題ごとに音源が分かれていたのですが、この参考書はパート1、2の音源がパートごとに同じトラックにまとめられています。

 

今までは、連続再生にしていればオーバーラッピング、シャドーイングも やりやすかったのですが、同じトラックにまとめられていいるのでかなり不便になりました。

 

どうやら好きなタイミングでトラックを編集することが、パソコンのソフトを使えばできるようなのですが、私はそういったものには疎いので分けていません(笑)

 

 

 

 

レビューはこんなところですかね。

今回紹介した参考書には解説がついていないということなのですが、私はあえて解説が無いことに関しては悪かった点には入れませんでした。

これには理由があるのですが、次回の勉強法編にて紹介したいと思います(笑)

 

音源のトラックの問題で、不便なところもあったのですが、やはり本番と同じレベルで問題を解くことができるのは、公式から出ている参考書しかないので、このリスニング編はかなりオススメできる参考書になっています!

 

しかし、解説が無い分、本文と日本語訳だけを見て解答の根拠を理解しなくてはいけないので、リスニングスコアが300点を下回っているうちは使用することをオススメしません!

 

先ほど申し上げた通り、350点、少なくとも300点以上のリスニングスコアが取れた時に使用してみてください!

 

公式 TOEIC Listening & Reading トレーニング リスニング編

公式 TOEIC Listening & Reading トレーニング リスニング編

 

 

 

 

 というわけで今回はここら辺で終わりにしたいと思います!

ここまで読んでいただきありがとうございます!

では皆さん、一緒に勉強頑張りましょう!!!

 

Twitter:@TToeic990 ぜひフォローしてください!