ゲーム実況者が本気で目指すTOEIC990点物語。

どーもー、タケシです!ゲーム実況者でありながらTOEICの勉強に励んでる大学生です!このブログでは主に英語学習について皆様と情報を共有できたらなと思っております!

この1冊でパート7極めよう! ~究極のゼミパート7~使用感・オススメ点をまとめました!

 

 

どーもー、タケシです!

 

TOEICにおいて最大の壁と言ったらパート7ですよね!?

 

TOEICが新形式になる前から、パート7は難しいパートの1つだったのですが、新形式になってから問題数も増え、問題もさらに難しくなってきたこともあり、最後まで解き終えることが難しくなってきました。

 

また、ダブルパッセージに加えトリプルパッセージも登場して、読む量がえげつないくらい増えました。

 

こんな難しいのに、どうやってパート7を対策していけばいいんだ??

 

この悩みを一気に吹き飛ばしてくれる参考書があります。

 

それはこちらです!

 

f:id:ktakeshi1214:20171014141838j:plain

 

『TOEICL&Rテスト 究極ゼミ パート7』です!

 

 

他のブログ記事でも少し紹介した参考書ですが、今回はこの参考書だけにスポットライトを当てて紹介していきたいと思います!

 

 

 

独断偏見に満ちた五つ星評価

 

難易度 ★★★★☆

 

パート7全体と扱っているので、難しい問題ももちろんあります!

 

解説のわかりやすさ ★★★★★★

 

難しい問題はあるものの、解説の丁寧さがかなり高いので、理解するのには苦になりません。

また難しい語句は解説に意味が載っているので、わざわざ辞書で調べる必要はありません。

そのため★の数が5を超えました(笑)

 

 

費用 ★★★★☆

 

この厚さ、情報量の豊富さを考えれば、値段は決して高いものではないですが、書店ですと消費税込みで約2300円なので、ほかの参考書と比べても高い方です(笑)

 

費用対効果 ★★★★★

 

確実に値段以上の有益な情報がこの参考書には詰まっています!

 

手に入れやすさ ★★★★☆

 

TOEIC専用コーナーが存在する書店ではほぼ100%取り扱っているでしょう!

人気のため、たまに売り切れている書店もあります。

 

継続度 ★★★★☆

 

内容がパート7ということで、もともと継続度はあまり高くないと思いますが(私個人の偏見)、この究極ゼミでは解説が講義形式で進められているので、楽しく勉強することができます!

 

 

オススメ度 ★★★★★★

 

どう考えても、パート7の参考書の中ではトップクラスでしょう!

とにかくオススメなので、★6つにしました!

何がオススメなのかはこの後詳しく書きますので、そちらを読んでください!

 

 

どんな人のオススメか?

 

文法については扱っていないので、長文を読むのに必要な文法知識(目安:高校レベル)を理解できていることが望ましいです。

TOEICのスコア的には、リーディングスコア250~300点くらいあれば始めても問題ないと思います。

とにかく、800点以上をお持ちの方でもパート7が苦手な人にはとてもオススメです!

そして、パート7で満点を狙いたい方にももちろんオススメです!

 

 オススメポイント!

 

・この1冊でパート7すべての問題に対応することができる!

 

この参考書では、設問について重点を置いて解説しています。

各設問の種類の答え方が解説されているため、パート7全体を対応することができます。

本文の読み方に関しては、この参考書では全部読みを基本としているため、ほとんど載っていません。

文章のどの辺に注意して読んでいけばいいかということに関しては、解説してあります。

しかし、飛ばし読みや虫食い読みに関してはこの参考書では否定的です。

(これは私も同感です!)

 

・解説が講義形式で楽しく勉強できる!

 

ヒロ前田さんの究極のゼミシリーズで特徴的なものといえばこれじゃないでしょうか!?

解説がヒロ前田さんと生徒の対話・講義形式となっているのでとても読みやすいですし、間違いやすいポイントなど盛りだくさんに詰まっているのでオススメです!

 

・豊富な問題量!

 

各設問の種類ごとに、その設問に特化した問題が演習問題としてのっています。

解説で学んだことを即実践練習できるので良いですよね!

さらに最後には本番同様54問の模試が2セットもついているので問題の量も申し分ないです!

 

・弱点問題タイプ診断で自分の弱点がわかる!

 

模試が2セットついていると先ほど申し上げましたが、その問題の正答率をもとに自分のパート7における弱点がわかります。

わかりやすくいうと、公開テストを受けた後、1か月程してから家に届くアビメです!

模試を解いた後、正答率をグラフ化することによって、自分がどの問題の種類に弱いのかが一発でわかるので、復習や自分に足りない参考書もすぐわかります!

 

 

 

究極のゼミパート7の紹介はこんなところです!

とにかくヒロ前田さんの参考書はとても分かりやすく、問題も本番そっくりです!

パート7で悩んでいるor何を使えばいいかわからないという方にはオススメです!

ぜひ一度使ってみてください!

 

 

 

 

 

というわけで今回はここら辺で終わりにしたいと思います!

ここまで読んでいただきありがとうございます!

では皆さん、一緒勉強頑張りましょう!!!

 

Twitter:@TToeic990

フェイスブック:@TToeic990

 

ぜひフォローしてください!