ゲーム実況者が本気で目指すTOEIC990点物語。

どーもー、タケシです!ゲーム実況者でありながらTOEICの勉強に励んでる大学生です!このブログでは主に英語学習について皆様と情報を共有できたらなと思っております!

TOEICにおいて熟語の勉強は必要か? 答えは必要です!!!

 

どーもー、タケシです!

 

 

TOEICを勉強している皆さん、熟語の勉強はしていますか!?

  

熟語は単語に比べて覚える量が少ないですし、熟語帳もあまり種類が無いのでやらないい人が多いかもしれませんね。

 

TOEICでスコアをアップさせるために、熟語の勉強は必要かどうかについては、賛否両論あると思いますが、私は勉強しておいた方が良いと思います!

 

しかし、それはTOEICでどのくらいのスコアを目指しているかにもよります。

 

600~700点を目指して、達成したら、その後英語の勉強は一切やらないという方であれば、TOEICのために熟語を勉強する必要はないです。

 

しかし、800~990点というハイスコアを目指しているのであれば、熟語の勉強をすることは役に立つと思いますし、TOEICからさらに、英語をペラペラ話せるようになりたいなど、その先のことも考えている方は必ず勉強するべきです!

 

 

多くの人はTOEICだけで、英語学習が終わりというわけではないですよね?

 

なので、熟語は勉強するべきなのです!

 

 

 

f:id:ktakeshi1214:20171130143356j:plain

 

そこで今回は、なぜTOEICにおいても熟語を勉強すると良いのか+オススメの参考書を紹介していきたいと思います!

 

この記事の目次!

 

熟語を勉強するメリット

 

・本文が理解しやすくなる!

 

これは当たり前の理由ですよね(笑)

知っているのと知っていないのとでは、本文の理解度ははるかに違いますし、もちろんTOIECの本文にも熟語が使われています!

(熟語がまったく使われない長文の方が気持ち悪いです(笑))

 

例えばTOEICでは、take over:(事業などを)引き継ぐ、という熟語がよく使われます。

TOEICはビジネス英語をもとに問題が作られているため、この熟語が1回のテストで高い確率で出てきます。

(新しい社長・役員の就任のお知らせなどの文によく出てきますね)

 

この熟語の意味が分からなければ、内容を理解することができません。

しかし、知っていれば内容が理解しやすくなり、問題を速く正確に解くことできます。

 

他にも、deal in:(商品などを)取り扱う、as a result of:結果としてなど、たくさんあります!

 

 

・意味問題で熟語も問題が出てくる!

 

TOEICのパート7の問題では、文章に登場する語と同じ意味になる選択肢を答える問題がでてきます。

 

私の単語が問題になることが多いのですが、やはりこの問題でも熟語が出てくることがあります

 

問題としても、選択肢としても熟語が出てきます。

 

この問題は文脈から正解を選ぶ解き方が、基本なのですが、意味が分からなければ解くのが難しくなってしまいまし、知っていれば問題を解く時間を短縮することができます!

 

 

・パート5で満点が狙えるようになる!

 

パート5では空欄の後ろの前置詞が正解のカギとなる問題が出てきます。

この手の問題の場合、知っていなければ正解を選ぶことができません。

 

もちろん問題を解いて復習する中で、1つ1つ覚えていくことも大切ですが、知っている熟語が多ければ多いほど、本番のスコアを上げやすくなります!

 

 

・リスニングの内容理解にも役に立つ!

 

ここまで、リーディングパートに関する利点を紹介していきましたが、もちろんリスニングパートも同様に内容理解に役立ちます。

 

リスニングの場合、リーディングと違って、聞こえた音声だけでしか内容を理解することができないので、熟語の意味がカンペキにわかっていれば、問題を解くうえでかなり有利になりますね!

 

しかし、リスニングの問題は大まかに理解できていれば正解できる問題も多いので、リーディングの方が効果を実践できそうですね(笑)

 

 

 

以上ここまでが、熟語を勉強することの利点の紹介でした。

もちろん、熟語よりも単語の方が優先順位度が高いので、あまり熟語には注目しないことが多いかもしれませんが、勉強すれば必ず結果につながります。

 

しかし、これはあくまでも私の個人的な意見ですので、熟語を勉強するかどうかは、皆さんで判断してください!

 

自分で良いと思った勉強をどんどん取り入れていく方が、やる気も出ますし、モチベーションの持続にもつながりますからね。

 

 

ではここから私が実際に使っていた参考書を紹介していきたいと思います!

 

 

 

 

オススメの参考書!

 

・『一億人の英文法』

 

f:id:ktakeshi1214:20171130142959j:plain

 

熟語の紹介なのに、いきなり文法書じゃないか!

っという感じになってしまいますが、この『一億人の英文法』がかなり役に立ちます!

 

しかし、この本全部を理解しながら読むのにはかなり時間がかかってしまいます。

そこで、私が特に読んでほしいところは、前置詞です!

 

熟語には動詞と前置詞の組み合わせがたくさんあります。

なので前置詞の持つ全体的なイメージをつかむことによって、熟語が何倍も覚えやすく、理解しやすくなります。

 

また、知らない熟語に出会ったとしても、イメージがわかれば、正確ではないにせよ、TOEICの問題を解くには十分な推測をすることができるようになります。

 

もちろん、一億人の英文法だけでなく他の文法書でも大丈夫です。

 

しかし、この前置詞のイメージを理解するのには『一億人の英文法』が一番最適です!

 

 

一億人の英文法 ――すべての日本人に贈る「話すため」の英文法(東進ブックス)

一億人の英文法 ――すべての日本人に贈る「話すため」の英文法(東進ブックス)

 

 

 

・『速読英熟語』

 

f:id:ktakeshi1214:20171130143156j:plain

 

こちらは、大学受験において王道な熟語帳なので、知っているかたも多いと思います。

 

実際に、TOEICで出てくる熟語も大学受験レベルから大きく離れたものではありません。

大学受験で必要な熟語を覚えた後に、公式問題集などで知らない熟語に出会ったら、新しく覚えなおしていくのが良いと思います!

 

さらに速読英熟語は約200語程度の英文がのっているので、CDを使ってオーバーラッピング・シャドーイングをすることで、リスニング力も伸ばすことができるようになります。

 

もちろん、音読することで速読する力も身に着きます!

 

 

速読英熟語

速読英熟語

 

 

 

速読英熟語CD (<CD>)

速読英熟語CD ()

 

 

 

 

 

 

・『キクジュク』

 

英文が載っている者はいやだという方にはこちらがオススメですね!

 

熟語の意味に加え、しっかり例文も載っているため、より効率的に熟語を覚えることができると思います。

 

これと似た熟語帳には、ターゲットもあるので、自分がやりやすそうなものを選んだ方が良いと思います!

 

また最初からCDがついてくるので、そこもオススメです!

 

 

 

キクジュク―聞いて覚えるコーパス英熟語 Basic1800 (英語の超人になる!アルク学参シリーズ)

キクジュク―聞いて覚えるコーパス英熟語 Basic1800 (英語の超人になる!アルク学参シリーズ)

 

 

 

 

 

 

熟語を勉強覚えることは、リスニング・リーディング・ライティング・スピーキングの4技能すべてにおいて、必要なことなので、勉強することは大切です!

 

 

単語はカンペキに覚えられたのに、TOEICのスコアがなかなか上がらないという方はぜひ熟語の勉強も考えてみてください!

 

 

というわけで今回はここら辺で終わりにしたいと思います!

ここまで読んでいただきありがとうございます!

では皆さん、一緒に勉強頑張りましょう!!!

 

Twitter:@TToeic990

フェイスブック:@TTOeic990