書評(英語関連)

【書評】実はシャドーイングにはスピーキングを上達させる効果があった!

更新日:

 

どーもー、タケシです!

皆さんは、シャドーイングという勉強法をご存知でしょうか?

音声の後に続いて発音するという勉強法なのです!

おそらく、多くの語学学習者がシャドーイングを、リスニングの勉強としてに取り入れていると思います。

しかし、シャドーイングによって、リスニング力がアップするだけではなく、同時にスピーキングも上達することが分かっています!

実際にシャドーイングで何回も練習した文は、音声を聞かなくてもスラスラ再現できるようになったという体験をした方もいらっしゃるのでないでしょうか?

私もよくTOEICやTEDを教材にしてシャドーイングをしているのですが、このような体験をしたことがあります。

今回はそのことについて、科学的に詳しく解説している本を紹介したいと思います!

それがこちらです!

f:id:ktakeshi1214:20180715150100j:image

門田修平さん著の、『外国語が話せるようになるしくみ』です!

目次 

外国語が話せるようになるしくみとは?

シャドーイングがなぜ、スピーキング向上に効果があるのかについて知る前に、まずは外国語が話せるようになるメカニズムについて知っておく必要があります。

本書では、外国語が話せるようになるポイントとして、次の4点が挙げられています。

①インプット処理

②プラクティス

③アウトプット産出

④モニタリング

 

まず外国語を習得するために必要なのは、インプットです!

まずは、単語や文法などの知識を知っていないと、話すことができませんね笑

多くの人が単語帳や文法書、英語の文章などを使ってインプットをしていると思います。

次に、プラクティスなのですが、これはインプットしたものをアウトプットする前のリハーサルのようなイメージです。

実際に覚えた単語や文法を使って話そうとする時、インプットした知識を頭の中で検索しながら取り出して使っています。

プラクティスは、頭の中で検索して取り出すという一連の流れをより自動的に行うことができるようになるためにすることです。

プラクティスの次は、アウトプット産出なのですが、これは皆さんも重要だということはご存知なのではないでしょうか?

よく日本語の英語教育は、インプットばかりに重点を置きすぎていて、アウトプットが不足しているため、いつまでたっても英語を話せるようにはならないと言われています。

実際に覚えた単語や文法も、実際に話す練習をしないことには、話せるようになりません。

最後はモニタリングです。

これは自分の学習状況を見直し、必要に応じて修正していくことです。

自分がどこができていてどこができないのか、語学学習を進めていく上では、これらのことについて把握しておくことが大切です。

シャドーイングにどんな効果があるのか?

本書ではシャドーイングを行うことによって、これら4つのポイントを全て促進することができると解説しています。

まずシャドーイングによるインプット効果についてなのですが、これら私たちが第一言語を取得する時と同じような考え方です。

私たちは、親などの周りに人たちが発している言葉を真似て言語を覚えていきます。

これを同じことをシャドーイングでも行っていますよね?

聞こえてきた音声を真似するという練習は、第一言語を取得するのと同じような効果があるのです。

次にプラクティス効果についてです。

シャドーイングは、実際に声に出して何度も発音することになります。

繰り返し声に出して発音することによって、その文に含まれている単語や文法、構文などを知識として定着させることができます。

さらに繰り返し行うことにより、第一言語と同じように意識しなくても使えるような知識として定着させることができます。

これはダンスや楽器の演奏などを例にとるとわかりやすいですね。

最初は、いちいち意識しながら練習していたものが、何度も繰り返していくうちに、自然と意識しなくてもできるようになります。

次にアウトプットについてです。

言語を話すときは、自分が話そうとしている内容を頭に浮かべ、それを言語化し、実際に声に出すというプロセスをたどっています。

シャドーイングにはこれらのうち、言語化声に出すトレーニングになります。

音声の後に続いて真似しているだけでは、本当に効果があるのかと思う方もいらっしゃると思います。

もちろん、ただ音声を真似している段階では効果が薄いでしょう。

しかし、そこから真似している英文の意味についても理解しながらシャドーイングを行えるようになったとき、言語化についても効果があります。

内容を想像しながらシャドーイングすることによって、内容を言語化することを模擬的に体感することができます。

最後にモニタリングについてです。

シャドーイングでは聞こえてきた音声を真似して声に出すのと同時並行で、自分の声を聞くことができます。

そのため、自分がどこが上手く再現できていないのか、順調に学習が進んでいるのかを把握することができます。

まとめ

以上のことから、シャドーイングはスピーキングにも効果があると、科学的に証明されています!

もちろん、シャドーイングをする以前に単語や文法などの基礎知識を勉強する必要があるのでしょう。

しかし、シャドーイングにはリスニング力に加え、スピーキング力も鍛えることができので、一石二鳥のトレーニング方法と言えるでしょう。

本書では、科学的なデータや実際に行われた実験をもとに、より詳しく解説されています。

また、シャドーイングを行う注意点や効果的な勉強法についても紹介しているので、興味がありましたら、ぜひ読んでみてください!

というわけで今回は、ここら辺で終わりにしたいと思います!

ここまで読んでいただき、ありがとうございます!

ではみなさん、一緒に勉強頑張っていきましょう!!!

Twitter:@TToeic990

 

スポンサーリンク

-書評(英語関連)

Copyright© バカでもTOEIC990! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.