英文法

【例文&イラスト付き!】前置詞「at」の意味と使い方!

更新日:

 

前置詞「at」の基本イメージは「ある一点」です。

 

 

「ある一点」という基本イメージから、

 

①場所・時(〜で・〜に)

②対象(〜に向かって・〜にめがけて)

③速度・価格・割合(〜で)

④状態

⑤従事(〜中)

※( )の訳については、文脈によって多少変わることがあります。

 

これらの意味に派生します。

今回は、そんなatの用法を例文や芸術的な絵を使って紹介していきます!

 

atの用法

①場所・時(〜で・〜に)

 

例)I ate lunch at that restaurant. (私はあのレストランで昼食を食べました。)

 

この例文でのatは、あのレストランを一点と捉えています。

そのため、ある一点を表すatが、〜に住んでいる、〜で〜をするといった場所を表す時に使われます。

よく場所を表す前置詞で、inがatと似たような使われ方をしますが、inとatの違いについて、別の記事で詳しく紹介しています!

場所を表す前置詞「at」と「in」の違いとは?【イラスト&例文付き!】

  前置詞「at」と「in」には、どちらも場所を表す使い方があります。 では、「at」と「in」はどちらを使っても全く同じ意味になるのでしょうか? 答えは、ノーです笑 どちらも場所を表す用法 ...

続きを見る

 

例)I usually wake up at 9a.m this morning.

(私はいつも朝9時に起きます。)

 

この例文でのatは、9時という時刻の一点を表しています。

そのため、この例文の私は9時ちょうどに起きているという意味になります笑

 

②対象(〜を・〜に向かって・〜にめがけて)

例)Please look at the white board.

(ホワイトボードを見てください)

例)We laughed at the him.

(私たちは彼を笑った)

 

atには、動作の対象を表す使い方もあります。

これらの例文では、ホワイトボードという一点を見てください(look)、彼という一点を私たちは笑った(laughed)ということになります。

look at(〜を見る)laugh at(〜を笑う)は、よく使われる熟語です。

 

対象ということで、〜めがけて撃つといった文にも使われます。

例)He shot at the mark.

(彼は的をめがけて撃った)

 

 

③速度・価格・割合(〜で)

例)Driving at 100 miles is not allowed.

(100マイルで走ることは許されていない)

例)I bought this jacket at 2,000 yen。

(私はこのジャケットを2000円で買った)

 

atには、「目盛り上の一点」という感覚で、速度や価格なども表します。

上の例文では、車のメーターが100マイルを指しているというメーターの目盛りの一点を表しています。

それと同じ感覚で、価格も表しています。

価格の場合は、例文のようにat 2000 yen のように具体的な値段以外にも、at a good price(お買い得な)のように、具体的な数字を表さないで、価格を表すこともできます。

 

目盛りの一点ということで、温度も表すことができます。

水は100℃で沸騰すると言いたいときは、

Water boils at 100℃。

(水は100度で沸騰する)

のように表現することができます。

 

 

④状態

例)I always feel at ease when I read books.

(私は本を読んでいるときは、いつもくつろげる)

例)Please make yourself at home.

(くつろいでください)

 

atは、場所のatが比喩的に使われて、「ある状態」を表すことができます。

状態を表しますが、atは前置詞なので、後ろにくるのは名詞になります。

at homeは、「家で」という場所の意味でも使われますが、状態の用法だと、くつろぐという意味になるのが要注意です。

基本的には、文脈でどちらの意味になるのかを判断しなくてはいけません。

feelやmake OC(OをCの状態にする)といった動詞の場合は、状態の用法が使われることが多いです。

 

 

⑤従事

例)They are at the meeting.

(彼らは会議中だ)

 

最後は従事ですが、従事とは、ある状態に置かれていることを表しています。

そのため、例文では、「会議という状態に置かれている→会議中である」という意味になります。

他にもat lunch(昼食中で)や勤務先と表すことができます。

 

例)He is at the supermarket.

(彼はスーパーに勤務している)

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

前置詞atの使い方と意味についての紹介は以上です!

 

というわけで今回はここら辺で終わりにしたいと思います!

ここまで読んでいただき、ありがとうございます!

では皆さん、一緒に勉強頑張っていきましょう!!!

Twitter:@TToeic990

スポンサーリンク

YouTubeチャンネル!

チャンネル登録お願いします!

ふとん大学

-英文法

Copyright© バカでもTOEIC990! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.