片手で学ぶ英文法

【例文&イラスト付き!】前置詞「in」の意味と使い方!

更新日:

 

 

前置詞「in」の基本イメージは、「〜の中に」です。

 

「〜の中に」というイメージから、大きく分けて3つの意味に派生します。

 

①内部を表す「in」

②状態

③時(〜以内・〜後)

 

今回は、「〜の中に」というイメージを持つ「in」の意味や使い方について、例文とイラストを使って紹介していきます!

 

①内部を表す「in」

 

例:(1)There is a chocolate in the box. (箱の中にチョコレートがある)

(2)I live in Tokyo. (私は東京に住んでいます。)

(3)He looks very cool in the jacket. (彼は、そのジャケットを着ると、とてもカッコよく見える)

(4)One in ten forgot the homework. (10人のうち1には、宿題を忘れた)

 

(1)と(2)は、場所を表しています。

箱の中にチョコレートが入っている。

Live in〜は、学校で絶対に習う表現なので、暗記してしまっている方も多いと思いますが、「〜の中に」というイメージは、Tokyoなどの場所も表すことができます。

場所を表すといえば、「at」もありますが、「at」と「in」の違いについては、別の記事で詳しく紹介しています!

 

場所を表す前置詞「at」と「in」の違いとは?【イラスト&例文付き!】

  前置詞「at」と「in」には、どちらも場所を表す使い方があります。 では、「at」と「in」はどちらを使っても全く同じ意味になるのでしょうか? 答えは、ノーです笑 どちらも場所を表す用法 ...

続きを見る

 

(3)は、「〜の中にある)というイメージから、服装に包まれているというイメージに派生して、服などを身につけていることを表します。

 

(4)の10人の中の1人というように、ある範囲の中でという意味を表すことができます。

 

 

②状態を表す「in」

 

例:(1)I'm in trouble. (私は困っている)

(2)I like to spend my time in studying English. (私は、英語を勉強して時間を過ごすのが好きだ)

(3)They sat in a circle. (彼らは円状に座った)

(4)I'd like to say it in English. (私はそれを英語で言いたい)

(5)I took a note in pen. (私はペンでメモを取った)

 

「〜の中に」というイメージから、「〜という状態」というイメージに派生します。

状態も色んな使われ方をします。

 

(1)は、困っている状態に置かれていることを表しています。

状態は、(2)英語勉強するという活動の状態、(3)円状にという形の状態を表します。

最後に、(4)(5)は少し発展的な表現です。

(4)は「英語で(英語という範囲の中で」それを言いたい。

というように、「〜の中に」というイメージが発展して方法や手段、道具などを表すことができます。

(5)は、in pen(ペンで)と手段を表しています。

 

③時(〜以内・〜後)を表す「in」

 

例:(1)I have to finish this task in a day.(私は今日中にこの仕事を終わらせないといけない。)

(2)I will be back in an hour. (私は1時間後に戻ってくる)

 

「〜の中に」というイメージは、「〜以内に・〜後に」という時を表します。

ここで注意なのは、〜以内と〜後は違う意味だという点です。

(1)のin a dayは、今日中(以内)にという意味で使われていますが、(2)のin an hourは1時間後にという意味で使われています。

どちらの使われ方をしているかは、文脈から判断するしかありません。

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

前置詞「in」の意味と使い方は以上です!

ぜひ例文とイラストを使って、「in」の意味と使い方を覚えてください!笑

 

とういわけで今回は、ここら辺で終わりにしたいと思います!

ここまで読んでいただき、ありがとうございます!

では皆さん、一緒に勉強頑張っていきましょう!!!

Twitter:@TToeic990

 

 

 

スポンサーリンク

Twitter

-片手で学ぶ英文法

Copyright© バカでもTOEIC990! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.