TOEIC シャドーイング

シャドーイングをしてもリスニング力が上がらない3つの原因と解決策!

投稿日:

 

どーもー、タケシです!

皆さんは、普段の英語学習でシャドーイングをしているでしょうか?

シャドーイングはリスニング対策の勉強として、とてもオススメの勉強法です。

しかし中には、シャドーイングを毎日やっているのに、なかなかリスニング力が上がらない、TOEICのリスニングスコアがなかなか上がらないといった悩みをお持ちのかたもいらっしゃると思います。

実際にこの記事を読んでいる方の多くは、そういったシャドーイングはやっているけれど、なかなか結果に表れずに悩んでいる方だと思います。

というわけで今回は、なぜシャドーイングをやっているのにリスニング力が伸びないのかについて、私が考える原因を紹介するとともに、その原因の解決策も紹介していきます!

おそらく私の記事を読んでいただいている方は、TOEIC・英検などの資格試験を勉強されている方が多いと思うので、TOEIC・英検などについても、少し触れながら紹介していきます

 

 

なお、シャドーイングのやり方や効果については別に記事で紹介しているので、シャドーイングという勉強法について良く知らないという方は、こちらの記事から読んでください!

シャドーイングって意味あるの?効果と効果的なやり方を徹底解説!

どーもー、タケシです! 私は、シャドーイングという勉強法を普段の英語学習に取り入れています。 個人的には一番大好きな勉強法なのですが、シャドーイングを毎日継続しているおかげで、TOEICのリスニングで ...

続きを見る

 

リスニング力が上がらない原因と対策

1-1.正しい発音を学んでいない

 

英語と日本語とでは、発音の仕方に違いがあります。

代表的な例を挙げると、日本語には母音はa.i.u.e,oの5つしかありませんが、英語には26個もの母音があります。

母音の数以外にも、日本人が特に苦手としているRとLの発音などもそうです。

正しい発音の練習は必要かどうかについては、賛否両論がありますが、個人的には練習しておいたほうがいいと考えています。

特に、TOEIC800点以上や英検準1級・1級合格など、高いリスニング力を目指している方は必ず練習したほうがいいです。

資格試験以外にも、仕事などで英語を使う予定がある方も、発音の勉強をしておくことで、相手の言っていることを理解することができますし、相手に自分の言いたいことをより正確に伝えることができます。

しかし、TOEIC600点が取れれば英語の勉強はやるつもりはなく、英語を使う予定もないといった方は発音の勉強をしなくても大丈夫です。

そういった方は、この次にあげる2つの原因と対策を参考にしてみてください!

 

1-2.解決策

 

では正しい発音を学ぶためにはどうすればいいでしょうか?

発音を学ぶ方法は教材を使って独学で学ぶか、英会話などを利用して教えてもらうという2つの方法があります。

 

私のオススメの教材は「英語耳」という参考書です。

 

「英語耳」では、英語の発音について、1つ1つ口の中の図を使ってわかりやすく解説しています。

「英語耳」にはCDがついているため、ネイティブの発音を参考に練習することができます。

付属のCDの音声は、ゆっくり→普通の速さで進んでいくので、英語の勉強を始めたばかりの方でも、安心して取り組むことができます。

練習し終わった後は、自分の声を録音してCDの音声を聴き比べてみると、自分が正しく発音できていない部分をしっかりと理解することができます。

 

独学で練習していると、本当に自分の発音が合っているのか?と不安に思われる方もいらっしゃると思います。

そういった方は、オンライン英会話を使って先生に確認してもらいながら練習するのがオススメです。

私が使っているDMM英会話では、発音の教材があるため、1つ1つの発音の仕方を練習することができます。

ネイティブの先生にレッスンをしてもらうことに越したことはありませんが、ネイティブの先生のレッスンはノンネイティブの先生に比べて料金が高いです笑

もちろん、お金がたくさんかけられるのであれば、ネイティブのプランを選択するのが良いですが、なるべくお金をかけたくないというのが、多くの方の本音だと思います笑

ノンネイティブの先生であれば、月に6000円程度で毎日レッスンを受けることができます。

私のオススメはフィリピン人の先生です。

もちろん全く訛りがないというわけではありませんし、先生によっても違いますが、標準的な発音を学ぶ上ではそこまで大きな問題はありません。

そもそも、ネイティブの国でさえ、それぞれの国で訛りがあったり、発音に少し違いがあったり、同じアメリカ人でも育った地方によって訛りがあったりしますからね笑

DMM英会話だと、1日に1レッスン(25分)しか受けられないため1日に進められる量が限られてしまいます。

もちろん、短期間でマスターできることに越したことはありませんが、一気に全ての発音を学んだとしても、いきなり全ての発音をシャドーイングの中で実践するのは難しいです。

1日に1〜3日新しい発音を学んだら、その日のシャドーイングの中で学んだ発音を特に意識しながらやっていくことで、段々と着実に正しい発音を身につけることができます。

そのため、個人的には1日1レッスンでも十分だと考えています。

 

2.内容を理解していない

 

2つ目の原因は、シャドーイングしている英文の内容を理解していないということです。

特に初心者の方ですと、音声についていくので必死で内容を意識する余裕がないということがあります。

英文の内容を理解せずにシャドーイングをしていると音は真似することができているけれど、意味がわからない状態になってしまいます。

もちろん音を真似することも大切ですが、内容を理解することはもっと大切です。

聞き取れたとしても、内容が理解できていない状態では会話にが成り立ちませんし、TOEICや英検の問題も解くことができません。

そのため内容を理解してからシャドーイングをすることが大切です。

2-2.解決策

 

解決策は単純で、内容を理解した後にシャドーイングをするということです。

オススメの方法は英文の精読です。

シャドーイングをする前に、日本語訳を参考に精読をしていきます。

わからない単語があれば辞書を使って調べ、わからない文法事項があれば文法書を使って調べます。

ここで、日本語訳を一語一句覚える必要はありません。

内容のイメージが把握できていれば大丈夫です。

いきなり内容を意識しながらシャドーイングをするのは難しいので、シャドーイングの前に音読とオーバーラッピングをするのがオススメです。

※オーバーラッピング

→英文を見ながら音声の後に続いて発音する練習法

 

 

TOEICや英検などの資格試験を勉強している方であれば、頻出単語がまとめられている単語帳を使って勉強するのも役に立ちます。

頻出の単語を先に覚えておくことで、シャドーイングをする前に調べる単語の数を減らすことができますし、本番でも理解できる部分を増やすことができます。

オススメの単語帳について、別の記事で紹介しているので、こちらを参考にしてください!

TOEIC

『TOEICL&RTEST出る単特急金のセンテンス』を徹底レビュー&効果的な使い方を紹介!

  どーもー、タケシです! 今回は、TEX加藤さん著の『TOEICL&RTEST出る単特急金のセンテンス』を紹介していきます! 『金のセンテンス』は発売日前から、かなり話題となってい ...

続きを見る

【TOEIC】『金のフレーズ』を徹底レビュー&効果的な単語帳の使い方!

どーもー、タケシです! 今回は、TOEIC対策の単語帳の中では王道中の王道である『新TOEICTEST出る単特急金のフレーズ』の紹介をしていきます! 目次1 どんな単語帳!?2 どんな人にオススメか? ...

続きを見る

『TOEICL&RTEST出る単特急銀のフレーズ』を徹底レビュー!600点を目指すならまずはこの1冊から! 

  どーもー、タケシです! 今回は、『TOEICL&RTEST出る単特急銀のフレーズ』を紹介していきたいと思います!   目次1 『金のフレーズ』との違いは?2 どんな人に ...

続きを見る

『TOEIC L&Rテスト本番そのままプラチナボキャブラリー』を徹底レビュー!本番と同じ形式で単語を覚えることができる!!! 

  どーもー、タケシです! 今回は、濱崎潤之輔さん著の『TOEICL&Rテスト 本番そのままプラチナボキャブラリー』を紹介していきます! 実際に私が『プラチナボキャブラリー』を使った ...

続きを見る

 

英検

no image
英検一次試験に合格するために役に立った参考書&勉強法! 〜参考書編〜

  どーもー、タケシです! ついに、英検準一級の1次試験を突破することができました!   というけで、1次試験に合格するまでに使っていた参考書と勉強法を紹介していきたいと思います! ...

続きを見る

シャドーイングって意味あるの?効果と効果的なやり方を徹底解説!

どーもー、タケシです! 私は、シャドーイングという勉強法を普段の英語学習に取り入れています。 個人的には一番大好きな勉強法なのですが、シャドーイングを毎日継続しているおかげで、TOEICのリスニングで ...

続きを見る

 

 

3-1.できたつもりで終わっている

 

3つ目は、できたつもりで終わっているということです。

シャドーイングは、英語を聴きながら、後から追いかけるように自分で発音していきます。

そのため、自分の声が正確に聴き取れないことがあります。

その状態では、本当はできていないのに、できたつもりになって練習を終えてしまっている可能性があります。

できたつもりを何回繰り返したとこで、リスニング力が上がりづらいのは明白です。

 

3-2.解決策

オススメの解決策は、最後に自分の声を録音して確認するという方法です。

録音した自分の声と英文を照らし合わせて、自分がちゃんと発音できているかどうか確認します。

自分がちゃんと発音できていないとこは、その部分にマーカーなどで印をつけて、もう一度練習し直します。

できていない所がわかったとしても、いきないシャドーイングをするのも難しいので、オーバーラッピングをしてからシャドーイングをするのがオススメです。



まとめ

 

シャドーイングをやっているのに、リスニング力が上がらない原因と解決策の紹介は以上です!

これまで、シャドーイングをやってきたけれど、なかなかリスニング力が上がらず、シャドーイングを辞めようかと思っている方は、ぜひこの記事に書いてあることを参考に、もう少しシャドーイングを頑張ってみてください!

様々な勉強法の中でも、シャドーイングは確実に効果のある勉強法だと考えています。

実際に、私はシャドーイングを約2年間ほど、ほとんど毎日継続してきたおかげでTOEIC公開テストでリスニング満点を達成することができたり、英検1級のリスニング問題では、85%正解することができました。

しかし、私は元から英語が得意だったわけではありません。

高校生の時は、偏差値は受験前ですら最高で43しかなく、センター試験のリスニングは25/50でした。

そんな私でも、シャドーイングを続けたおかげで、ここまでリスニング力をあげることができたので、胸を張ってシャドーイングをオススメすることができます。

この記事が、皆様のリスニング力アップにつながれば幸いです。

 

シャドーイングの効果を上げる方法についても、別の記事で詳しく紹介しているので、興味のある方はこちらから読んでください!

シャドーイング×〇〇で学習効果アップ!!!

    どーもー、タケシです! 皆さんは、どうやってシャドーイングをしているでしょうか? イヤフォン・ヘッドフォンを着けて、座った状態で行う方が多い?と思われます笑 今回、私が紹介 ...

続きを見る

 

というわけで、今回はここら辺で終わりにしたいと思います!

ここまで読んでいただき、ありがとうございます!

では皆さん、一緒に勉強頑張っていきましょう!!!

Twitter:@TToeic990

スポンサーリンク

-TOEIC, シャドーイング

Copyright© バカでもTOEIC990! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.