TOEIC TOEIC オススメの勉強法 シャドーイング

シャドーイングって意味あるの?シャドーイングの効果とやり方を徹底解説!

更新日:

 

皆さんは、シャドーイングをしているでしょうか?

シャドーイングを毎日継続しているおかげで、TOEICのリスニングでは満点である495点を取得することができ、英検1級の1次試験ではリスニングで85%正解することができため、私は、数ある英語勉強法の中でも、シャドーイングをゴリ推ししています笑

しかし、英語学習者の中には、「シャドーイングという名前は知っているけれど、やり方はイマイチわからない」という方であったり、「シャドーイングって良く聞くけど、本当に効果あるの?」と疑問に思っている方もいらっしゃると思います。

というわけで今回は、シャドーイングのことがよくわからない、またシャドーイングは本当に効果があるのか?と感じている方向けに、シャドーイングとはどんな勉強法なのか、どんな効果があるのか、何に気をつけなければいけないのかについて紹介していきます!

 

シャドーイングとは?

シャドーイングとは、ズバリ、音声を聞きながら、何も見ずに少し遅れて発音する勉強法です!

聞こえてきた音声を影のように追いかけて読むので、シャドー(影)イングという名前らしいです笑

似た勉強法としてオーバーラッピングというものがありますが、オーバーラッピングは英文を読みながら音声の後に続いて読み上げる勉強法なので、シャドーイングとは少し違います。

 

シャドーイングを行うことによって得られる効果とは!?

f:id:ktakeshi1214:20180930193810j:plain

 

シャドーイングを行うことによって得られる効果は、次の4点です。

①英語の語順のまま英文を理解することができるようになる!

②リスニング力アップ!

→自分で発音できる音は、正確に聞き取れるため

③正しい発音・リズム・イントネーションが身につく!

④スピーキング力アップ!

 

シャドーイングでは、英文を聴きながら少し遅れて発音します。

そのため、英文を読み解きみたいに、英文を後ろから訳すということができません。

聞こえてきた英文を後ろから訳そうとしていたら、どんどん音声に置いてかれてしまいます。

聞こえてきたまま、前から内容を理解しなければいけないため、シャドーイングを繰り返すことによって、英語を英語の語順のまま、前から内容を理解することができるようになります。

 

私は、②・③の効果が大きいと、実際にシャドーイングを続けていて感じます。

発音を勉強すると、リスニング力がアップすると言われているのは、自分で発音できる音は正確に聞き取れるようになるからです。

その理由と同じで、シャドーイングもネイティブが発音している音を真似しながら発音するため、継続してシャドーイングを行うことで、だんだんとリスニング力もアップさせることができます。

ネイティブの発音を真似て発音するため、③の正しい発音・リズム・イントネーションを身につけることにもつながります。

 

また、シャドーイングをすることでスピーキング力を上げることができます。

シャドーイングによって、英文に含まれている単語や文法、構文な度を知識として定着させることができます。

さらに繰り返し声に出して発音することによって、母語と同じように意識しなくても使えるような知識として定着させることができます。

もちろん、シャドーイングだけをしているだけで英語がペラペラになるわけではなく、実際にスピーキングをするなど、アウトプットの練習が必要ですが、スピーキングのインプットとしては、シャドーイングはとても良い練習法です。

シャドーイングがスピーキング力アップにつながる理由については、他にも理由があるのですが、全て書いていると、とてつもなく長くなってしまうので、もっと知りたいという方は、私が以前書いた門田修平さん著の『外国語を話せるようになるしくみ』の書評についての記事を読んでください!

 

【書評】『外国語を話せるようになるしくみ』実はシャドーイングにはスピーキングを上達させる効果があった!

  どーもー、タケシです! 今回は、門田修平さん著の『外国語を話せるようになるしくみ』を紹介していきます!   『外国語を話せるようになるしくみ』では、タイトル通り、外国語を話せる ...

続きを見る

 

『外国語を話せるようになるしくみ』では、なぜシャドーイングがスピーキング力アップにつながるのかが、科学的根拠をもとに解説されているだけでなく、効果的なやり方についても詳しく解説されているので、オススメです!

 

 

シャドーイングで注意するべきこと!

f:id:ktakeshi1214:20180930193556j:plain

 

・自分のレベルに合った教材を選択する!

教材選びは、英語学習においてとても重要です。

英語学習を始めたばかりの方が、いきなりネイティブスピーカーが普段話す速度の音声を使ってしまうと、あまりに速すぎてついていけません。

モチベーションを落としてしまう原因にもなってしまいます。

目安としては、8~9割程度聞き取れる教材を選ぶのがベストです。

しかし、TOEICや英検などの英語資格試験に受験される方は、専用の教材を使うのも良いでしょう。

英語を勉強する目的を踏まえた上で、自分にあったベストな教材を選びましょう!

 

・内容&発音を意識する!

内容を理解できていない状態でシャドーイングを行なったところで意味がありません

内容が理解できていないまま、ただ発音をしているだけでは、音は真似することができるようになったとしても、内容を理解する力が身につかないため、意味がありません。

また、発音を真似しながら行うことによって、自分の発音の端正にもなりますし、正しく発音できるようになれば、正しい発音を自分でできるようになるため、リスニング力も上げることができます。

しかし、この2つのことを意識しながら、いきなりシャドーイングを行うのは大変です。

そのため、いきなりシャドーイングを行うのではなく、次の4ステップを行うのがオススメです!

 

①英文を見ながら音声を聞く

②日本語訳を使って内容を確認する

③音読をする

④オーバーラッピング

→英文を見ながら音声の後に続いて発音する勉強法。

 

スクリプトを見ながら音声を聞くときに、初めに聞いたときに聞き取れていなかったところに線を引くことによって、その部分を意識して練習を行うことができるのでオススメです。

音読の回数は、個人のレベルによって変わってくるのですが、スラスラできるようになるまで音読することをオススメします。

音読・オーバーラッピングでは、内容・発音をしっかりと真似することをしっかりと意識しましょう!

①〜④までをしっかりと行えば、シャドーイングをスムーズに行うことができますし、意識するべきポイントをしっかりと意識しながらシャドーイングを行うことができるようになります。

 

・話し方を真似する!

話し手の感情や話し方をしっかりと真似しながら(演じるように)、シャドーイングを行うことによって、練習の効果がアップします!

特に、感情を意識しながら練習することによって、より記憶に残りやすくなるのでオススメです!

話し方のリズムやイントネーションをしっかりと真似することも大切です!

 

・体を動かしながらやる!

よく、暗記するときは体を動かしながらの方が覚えやすいと言われていますが、シャドーイングでも同じです!

先ほど紹介した『外国語を話せるようになるしくみ』の中でも、

シャドーイングなど言葉の学習と身体の運動はとても共鳴しやすいので相乗効果を発揮し、優れた学習効果を生み出します。

と書かれています。

ちなみに私は、自分の部屋やリビングを歩き回りながらシャドーイングをしています笑

最初は家族から変な目で見られていましたが、最近は日常的な光景となっているので、自分が歩き回りながらシャドーイングを行うのが当たり前になっています笑

 

・毎日継続する!

最後にもう一つ重要なのは、1日に10分でもいいので毎日継続することです!

継続は力なりという言葉もある通り、毎日継続することによって、人によって成長速度は違いますが、確実に上達していきます。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ

 

以上が、シャドーイングについての紹介です!

私は体調が悪いとき以外、ほぼ毎日シャドーイングを継続しています。

そのおかげもあって、TOEICのリスニングでは満点(495点)、英検1級(1次試験)にも合格できています。

私の経験からも、シャドーイングは確実に効果のある勉強法の1つだと確信を持って言えます。

ぜひみなさんも、シャドーイングを普段の英語学習に取り入れてみてください!

 

というわけで、今回はここら辺で終わりにしたいと思います!

ここまで読んでいただきありがとうございます!

ではみなさん、一緒に勉強頑張っていきましょう!!!

Twitter:@TToeic990

スポンサーリンク

-TOEIC, TOEIC オススメの勉強法, シャドーイング

Copyright© バカでもTOEIC990! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.