バカでもTOEIC990点!

どーもー、タケシです! ブログ・TOEIC・大学生と色々やってる大学生です!このブログでは主に英語学習について、「私の実体験をもとに」、記事を書いています! 資格一覧: TOEICスコア 925点 英検準一級取得 漢検2級合格

『英語を英語で理解する 英英英単語』の発売がものすごく楽しみな件!

 

 

どーもー、タケシです!

 

今回は、私が今、一番楽しみにしている単語帳を紹介したいと思います!

 

それがこちらです!

 

 

ジャパンタイムズから出版予定の『英語を英語で理解する 英英英単語』の上級編・超上級編す!

 

発売予定日は、2月2日となっています!

 

英英英単語という名前の時点で、かなり魅力的です!笑

 

こちらの単語帳は、今まで一般的に売られてきた単語帳と大きく違う点があります。

 

それは、それぞれの英単語に語義説明が英語でのっていることです!

 

語義説明だけだと、少し難しいかもしれないので、アマゾンにのっている内容紹介から、引用させていただきます。

 

単語集といえば、「intricate:入り組んだ、複雑な」のように英単語とその訳語がセットで掲載されているものが一般的でした。しかし、本書は「intricate: having a large number of small parts or details」のように、英単語と英語の語義説明をセットで掲載することで、英語のニュアンスをそのまま理解できるようになっています。 

 

このように、日本語訳だけでなく、英英辞典にのっているような、語義説明がのっています。

 

引用させていただいた部分にものっている通り、英語の語義説明がのっていることによって、英単語の意味を英語のまま身につけること出来ます!

 

日本語訳だけだと、使う場面によって、ネイティブを相手にすると上手く伝わらない場面があります。

 

それは、日本語訳が英単語の意味を完璧に表しているわけではなく、「日本語で訳すとしたらこう訳すよね」といった感じだからです。

 

それによって、単語帳には同じ日本語訳の英単語のっているわけです。

 

しかし、日本語訳では同じ意味の英単語でも、それぞれ微妙に違うニュアンスを持っています。

 

その微妙なニュアンスを身につけることによって、より正確に自分の意見や気持ちを伝えることができますし、英文を読む際にも、より深く理解することができるようになります!

 

ちなみに、この2冊の単語帳のレベルの目安は、

上級編→英検準1級・1級・国連英検A級・TOEFL iBT 80〜

超上級編→英検1級・国連英検特A級・TOEFL iBT 100〜

ということで、かなりレベルの高い単語帳になっています。

 

私は、とりあえず上級編から使ってみて、良さそうであれば超上級編も使おうと考えています!

 

 

 

 

というわけで、今回はここら辺で終わりにしたいと思います!

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございます!

 

では皆さん、一緒に勉強頑張っていきましょう!!!

 

Twitter:@TToeic990