バカでもTOEIC990点!

どーもー、タケシです! ブログ・TOEIC・大学生と色々やってる大学生です!このブログでは主に英語学習について、「私の実体験をもとに」、記事を書いています! 資格一覧: TOEICスコア 925点 英検準一級取得 漢検2級合格

{新形式対応}TOEIC600点を余裕で突破するための参考書&勉強法!

 

 

 

 

どーもー、タケシです!

 

今回は、TOEICで600点を達成するための、勉強方法ついて紹介していきます!

 

f:id:ktakeshi1214:20180824164208j:image

※画像は、私が初めてTOEIC公開テストで600点を超えた時のスコアです!

 

 

以前、別の記事で3ヶ月で650点を取る方法を、実体験をもとにまとめています。

 

 

www.toeic.work

 

 

しかし、今回は、色々な参考書や勉強法を試す中で、私がこの参考書・勉強法を使った方が、より達成する確率を上げることができるのではないかと感じたことを踏まえて、紹介していきます!

 

 

早速、皆さんは600点を取るために何が重要だと思いますか?

 

私の答えは、英文法&単語の勉強・TOEICの解き方・リスニングを勉強することです!

 

この3つがしっかりとできていれば、600点は余裕で達成することができます。

 

ここであげている英文法と単語とは、大学受験レベルを指しています。

 

TOEICは英語の試験ですので、基礎となる英文法と単語は必ず覚えなければなりません。

 

この2つの基礎がしっかりと固まれば、あとはTOEICの解き方を学びます。

 

TOEICの解き方が一通り理解できたら、あとは公式問題集をみっちり使い倒します!

 

公式問題集をしっかりやりこめれば、600点は余裕で達成することができます!

 

 

公式問題集の中でも、リスニングを特に重点的に練習していきます。

 

なぜリスニングなのか?というと、それは多くの日本人の方がリーディングより、リスニングの方が苦手だと感じるからです。

 

600点未満の方ですと、リーディングのスコアの方が、リスニングのスコアよりも大きく上回っているという方は多いです。

 

実際に私の友人の多くはリスニングのスコアの低さに悩んでいました。

 

なぜ苦手なのかというと、学校の英語教育がリーディング中心の勉強だったからです。

 

学校の授業や宿題では、リスニングよりも教科書の音読や日本語に訳すといったことばかりをやっていた記憶がある方も多いと思います。

 

今まであまりやってこなかったのですから、できないのは当たり前ですよね?

 

しかし、私の経験からすると、リスニンングの方が早く、そして大きくスコアを伸ばすことができます!

 

 

 

 

ではここから、それぞれ詳しく紹介していきます!

 

 

目次

 

 

 

英文法はどうやって勉強すればいいのか?

 

f:id:ktakeshi1214:20180809015617p:plain

 

 

英文法を勉強するとなると、あまりやる気になれない方もいるかもしれません。

 

書店にはたくさん英文法について書かれた本が並んでいるのですが、辞書のように分厚いですよね笑

 

しかし、TOEICは英語の試験である以上、英文法がしっかりと理解できていなければ、正しく英文を理解することができません。

 

そのため、英文法は避けて通れない道となっています。

 

ちなみに私のオススメは『一億人の英文法』という参考書です。

 

f:id:ktakeshi1214:20180824144647j:image

 

 

この参考書は、他の英文書と同様と同じくらい分厚いのですが、話口調で書かれているため読みやすいです。

 

また、英文法を日本語で覚えるというよりも、各文法が持つイメージを大切にして解説されているので、外国人の方が日常的に使っているのと同じような感覚を学ぶことができます。

 

イメージを大切にしていることもあって、絵やイラストが多くのっているため、より理解しやすくなっています。

 

 

 

800点や900点など、高得点を目指す方は、もちろんカンペキに理解してもらいたいのですが、中には600点を超えられればいいという方もいらっしゃいます。

 

とにかく600点を超えればいいという方には、『一億人の英文法』はあまりにも量が多すぎますし、時間がかかります。

 

そういった方には、太い英文法書よりも、より薄く、本当に基礎的な部分だけを勉強することができる参考書を選ぶことをオススメします。

 

 

 

オススメの英文法書

 

 

 

 

 

もちろん、600点を取った後に、もっと勉強したくなったら『一億人の英文法』のように、もっと詳しく書いてある参考書を使うのもいいです!

 

 

 

 

・単語帳は何を使えばいい?

 

私がオススメする単語帳はこの2冊です!

 

f:id:ktakeshi1214:20180824144717j:image

 

 

『Core1900』『銀のフレーズ』です。

 

『Core1900』では、大学受験レベルの単語を勉強することができます。

 

この単語帳は、100字程度の英文を使って英単語を覚えていくため、日本語訳だけで覚えるよりも、効果的に暗記することができます。

 

また、600点未満の方は英文に触れる時間を増やすことが必要なので、この単語帳にのっている英文を音読したり、音声を使ってオーバーラッピング・シャドーイングをすることによって、リーディング力もリスニング力も鍛えることができます!

 

 

※オーバーラッピング

→音声の後に続いて、スクリプト(本文)を見ながら発音すること

 

シャドーイング

→音声の後に続いて、何も見ずに聞こえてきた音声を発音すること

 

 

『銀のフレーズ』では、600点を取るなら絶対に覚えて欲しい基本単語と、TOEICによく出てくる単語を覚えることができます。

 

TOEICはビジネス英語をもとにテストが作られているため、大学受験レベルの英単語だけでは通用しません。

 

そのため、TOEICに特化した英単語を覚えることが必要です。

 

『銀のフレーズ』は、600点を取るために覚えておきたいと英単語がしっかりとのっています。

 

同じシリーズで『金のフレーズ』という単語帳もあるのですが、600点を超えていない方は、まず『銀のフレーズ』から使うことをオススメします。

 

 

 

 

 

※銀のフレーズについて詳しく知りたい方は、こちらから!

 

 

 

www.toeic.work

 

 

 

 

 

 

TOEICの問題の解き方!

 

f:id:ktakeshi1214:20180120141312j:plain

 

 

 

基礎的な単語と文法がちゃんと固めたあとは、解き方をマスターします。

 

解き方に関しての参考書は、たくさん出ているのですが、私は『はじめての新TOEICテスト全パート総合対策』という参考書をオススメします。

 

 

f:id:ktakeshi1214:20180824164922j:plain

 

 

この参考書には、とにかく600点を達成したい方向けのテクニックがたくさん紹介されています。

 

この1冊で、全てのパートに対応することができます!

 

 解き方を理解できたら、次は公式問題集などの模試で、実践します

 

 

 

 

 

 ※『はじめての新TOEICテスト全パート総合対策』についてもっと詳しく知りたい方はこちらから!

 

 

 

www.toeic.work

 

 

・リスニングを徹底的にやるべし!

 

 

f:id:ktakeshi1214:20171115150417j:plain

 

 

先ほども申し上げた通り、リスニングを重点的に練習することによって、さらに600点以上をグッと近づけることができます!

 

勉強法に関しては、色んな記事で紹介してきたのですが、

 

問題を解く→答えを見る前に音声を聞いて自分がどれくらい聞き取れているかを知る→解答・解説を見る→本文を音読する→オーバーラッピング→シャドーイング

 

こんな感じです。

 

特に、解答・解説を読む前に自分がどれだけ聞き取れているのかを確認することによって、その後のオーバーラッピング・シャドーイングを行うときに、より意識して練習することができるのでオススメです。

 

目安は3回程度聞きます。

 

3回聞いても聞き取れなかった単語は、その後何回聞いても聞き取れるようになることはあまりないので、上限は3回にして、復習でしっかりと克服しましょう!

 

しかし、勉強を始めた当初は、似ている発音の単語の区別が全然わからなかったり、そもそも何を言っているのかわからないことがよくありますよね?

 

その問題を解決するために、正しい発音を学ぶ必要があります!

 

 

 

 

・正しい発音を学ぶ

 

f:id:ktakeshi1214:20180120141401p:plain

 

 

 

発音に関しては、賛否両論分かれるところです。

 

私は、発音を勉強して良かったと思っています。

 

理由は、発音を学ぶことによって、リスニングを正確に聞き取れるようになったからです

 

おそらく、たくさんの問題を解き、たくさんシャドーイングをするだけでも、ある程度スコアを伸ばすことができます。

 

発音の練習をしなくても、600点を達成することができるので、600点をとにかく取りたいという方は、飛ばしていただいても結構です。

 

 

しかし、600点を超えたあと、800点・900点と、より高いスコアを目指す予定の方は、できるだけ早い段階で発音を身につけることをオススメします!

 

 

そこで、私がオススメする参考書は、こちらです! 

 

 

『英語耳』です!

 

f:id:ktakeshi1214:20180824145028j:image

 

この参考書の紹介と使い方については、別のブログでも紹介しているので、よろしければこちらを読んでください!

 

基本的には、参考書に書いてあることに従って練習していけば大丈夫です!

 

 

www.toeic.work

 

 

 

 

・リーディングはどうすればいいの?

 

f:id:ktakeshi1214:20180114150003j:plain

 

リスニングばかりやっていると、リーディングが不安になってくると思います。

 

最初にリスニングを重点的に練習してくださいと言ったのですが、もちろんリーディングもやらないわけにはいきません(笑)

 

何をすればいいのかというと、音読です!

 

問題を解いて、分からない単語・忘れていた文法事項合ったら確認して、スラスラできるようになるまで、音読を繰り返します。

 

もちろんスラスラできるようになるまで、何回も練習してほしいのですが、人間は同じ作業を繰り返していると、マンネリ化してしまい、やる気・集中力が落ちてきてしまいます。

 

なので、音読する前に、「5回でできるようにするぞ!」など具体的な目標をたてることによって、1回1回に集中することができるので、とてもオススメです!

 

 

パート6・7の勉強は、公式問題集を徹底的に復習するだけで、十分600点以上を狙えるようになります。

 

 

 

 

はじめての新TOEICテスト全パート総合対策』と公式問題集だけでは不安な場合は、この参考書を使うことをオススメします!

 

 

 

 

『1駅1題 新TOEICTest 文法特急』です!

 

f:id:ktakeshi1214:20180824164641j:image

 

この参考書には、パート5の解き方・考え方・必要な知識がたくさん載っています。

 

特に、簡単な問題から扱ってくれているので、特に初心者の方にオススメです。

 

 パート5が苦手と感じる方は、ぜひ文法特急を使ってみてください!

 

 

 

※文法特急ついて、もっと詳しく知りたい方はこちらから!

 

 

www.toeic.work

 

 

www.toeic.work

 

 

 

 

まとめ

 

600点を達成するためにオススメの勉強法はこんな感じです!

 

最初にも説明した通り、リスニングをより重点的に勉強することをオススメします。

 

特に、オーバーラッピングとシャドーイングは毎日継続してください。

 

もちろん単語帳も毎日勉強してください笑

 

時間が全然取れない日などは、以前に解いたことのある問題でオーバーラッピングやシャドーイングをするだけでもいいです。

 

とにかく毎日やり続けることによって、確実にリスニングスコアを伸ばすことができます!

 

伸び悩んでいる方は、ぜひこの勉強法を試してみて下さい!

 

 

タイムチケットで、TOEIC・英検に関する相談を受け付けています!!!

 

 

 

というわけで今回はここら辺で終わりにしたいと思います!

 

ここまで読んでいただきありがとうございます!

 

では皆さん、一緒に勉強頑張っていきましょう!!!

 

 

Twitter:@TToeic990