バカでもTOEIC990点!

どーもー、タケシです! ブログ・TOEIC・大学生と色々やってる大学生です!このブログでは主に英語学習について、「私の実体験をもとに」、記事を書いています! 資格一覧: TOEICスコア 925点 英検準一級取得 漢検2級合格

ホリエモンが英語について本を出すそうです!!!

 

 

どーもー、タケシです!

 

来月発売される、ある本について紹介したいと思います!

 

それがこちらです!

 

 

 

 

ホリエモンこと、堀江貴文さん著の『英語の多動力』です!

 

8月9日に発売予定です!

 

 

去年発売された『多動力』を、私は実際に読みました。

 

そのほかにも『すべての教育は洗脳である』や、YouTubeホリエモンチャンネルなど、私は密かに堀江貴文さんにハマっています笑笑

 

ちなみに、『すべての教育は洗脳である』については、もう一つのブログで紹介しているので、よろしければ読んで下さい!

 

www.yorozuya.fun

 

 

 

堀江貴文さんと言えば、普通の人では、色んなことを気にして言えないようなことをズバッと言ってくれますよね!

 

そんなところに多くの方が魅了されているのではないでしょうか?

 

私もそのうちの一人です。

 

今回は英語がメインテーマになっている多動力なのですが、きっとこの本も多くの人に影響を与えるのではないかと思っています。

 

堀江貴文さんは、ユーチューブに挙がっている動画の中で、「英語なんて気合いでどうにかなる」と言っておられました。

 

これは、気合いで多くの単語や文法を覚えるというよりは、学校で習った知識などの基本的な知識を使って、気合いで相手に伝えろと言うことだと個人的に思っています。

 

この本の紹介でも、

 

実践を超える勉学など存在しない

 

とある通り、英語学習も実際に相手と話すことが一番の練習方法だとおっしゃっているのかもしれませんね。

 

実際に、日本の教育も含め、英語を話す時間が圧倒的に欠けています。

 

義務教育・高校が終わった後も、TOEICL&Rテストのスコアが就活に有利だったり、ある程度の点数を取っていないと昇進できなかったりします。

 

そのため、社会人・大学生が英語の勉強をするとなった時に、多くの人がスピーキングの練習ではなく、リスニング・リーディングの勉強ばかりをしている傾向があるかもしれません。

 

しかし、リスニングとリーディングの勉強ばかりをしていては、一向に話せるようになりません。

 

言語は伝えるための道具です。

 

それなのに、TOEICL&Rテストのスコアで就職で有利なったり、昇進できたりしたところで、それは必ずしも相手に英語で自分の意見が伝えられるわけではないので、あまり意味がないと思います。

 

ここまでTOEICに対して批判的な感じになってしまいましたが、私はTOEICが大好きです笑

 

私のブログでも、TOEIC関連の記事をメインに取り扱っていますし、1年間のうち、開催されている半分以上は受験しています笑

 

英語はもちろん、言語なので、実際に話していかないことには、話せるようにはなりません!

 

 

これは私の勝手な妄想なのですが、『英語の多動力』は、英語を習得したいけれど、英語を話すことに、なかなか一歩を踏み出すことができない方の背中を押すような内容になっているのはないかと思っています。

 

勝手な妄想なのでハズレたらすいません笑笑

 

本の紹介を読んでみた限り、TOEICや英検などを受ける人よりは、英語をコニュニケーションの道具として使えるようになりたい方向けの本だと思います!

 

 

興味がありましたら、ぜひチェックしてみてください!

 

 

 

というわけで、今回はここら辺で終わりにしたいと思います!

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございます!

 

ではみなさん、一緒に勉強頑張っていきましょう!!!

 

Twitter:@TToeic990