バカでもTOEIC990点!

どーもー、タケシです! ブログ・TOEIC・大学生と色々やってる大学生です!このブログでは主に英語学習について、「私の実体験をもとに」、記事を書いています! 資格一覧: TOEICスコア 925点 英検準一級取得 漢検2級合格

TOEIC 自称最強の模試復習法!リスニング編!(^^)! 

 

どーも、タケシです!

 

皆さん、公式問題集や模試問題集を解いた後にちゃんと復習していますか?

 

確かに、2時間200問を解き切ると達成感があって、復習はなかなかやる気になれない方もいらっしゃる方もいるかもしれません。

 

しかし、それではスコアアップにはつながりません。

 

というわけで今回は、私が実際に行なっている公式問題集やその他の模試問題集の復習方法を紹介していきます!

 

今回はリスニング編です!

 

目次

 

 

  

1、まず1セット解く!

 

f:id:ktakeshi1214:20180921140407j:plain

 

 

まずは本番と同様に、2時間200問を1セット解きます!

 

2時間の間に解き終わらなかった場合、自分が解き終えたところまでがわかるように印をつけて、残りの問題も解いてしまいましょう。

 

私は、本番と出来るだけ近い状態で解きたいと考えているので、リスニングはスピーカーで流したり、2時間以内に解き終わっても見直しをして、しっかり2時間解きます!

 

 

2、制限時間なしでもう1度解きなおす!

 

f:id:ktakeshi1214:20181020144358j:plain

 

 

1回解き終わったらすぐに解答を見るのではなく、制限時間なしでもう1度解きなおします!

 

ここでは最初とは違い、1問ずつ解き直して復習をします。

 

順番通りに復習を進めていくのもいいのですが、私は間違えた問題から解き直すことをオススメします。

 

その理由は、後でしっかりと説明します!

 

制限時間なしで解きなおすことによって、自分が単に知らなくて間違えたのか、それとも時間が足らず間違えたのか、ケアレスミスで間違えたのかを把握することができます

 

制限時間なしということなのですが、リスニングの場合は何回でも音声を聞いても大丈夫です。

 

ただ、何回も連続で聞いていくうちに集中力も切れてきますので、3回くらいを目安にすることをおススメします!

 

また、3回聞いても聞き取れない部分は、その後に何回聞いても聞き取れないので、キッパリとあきらめ、聞き取れるように復習を頑張りましょう!

 

 

 

3、解答・解説を使って復習する!

 

f:id:ktakeshi1214:20180604190508j:plain

 

 

ここでやっと解答・解説の出番が出てきます(笑)

 

今回はリスニング編ということで、パート1・2とパート3・4に分けて紹介していきます!

 

パート1・2

 

①問題を解く

②ディクテーション

③答え合わせ

④音読

⑤リッスン&リピーティング

 

こんな感じで復習を進めていきます!

 

ディクテーションは、自分が聞き取れていない部分を把握するために行うため、完璧に書き取れるようになる必要はありません。

 

私は1問につき1回しかディクテーションは行いません。

 

ディクテーションで自分の聞き取れていない部分がわかったら、音読とリッスン&リピートで仕上げていきます。

 

リッスン&リピートとは、聞いた音声を何も見ずに自分で発音することです。

 

シャドーイングとは違って、1文すべてを聞き終えてから発音します。

 

リッスン&リピートでは、1文を聞いて思い出しながら発音するため、リテンション力(一定期間覚えておく力)が身につきます。

 

特にパート2では、リテンション力が大切です。

 

パート2は最初に聞こえてきた質問文を覚えておかなければ、残りの選択肢が聞き取れたとしても答えを選べないからです。

 

もちろん、パート3・4でもリテンション力は大切です。

 

しかし、パート3・4ではリッスン&リピートがやりずらいのではないかと思い、パート1・2にのみ取り入れています。

 

リッスン&リピートは完璧に出来るようになるまで繰り返します。

 

 

 パート3、4

 

①問題を解く

②答えを見る前に音声を聞いて自分がどれくらい聞き取れているかを確認(2、3回程度)

③本文を見ながらもう一度音声を聞く

④日本語訳と照らし合わせながら音読

⑤解答・解説を読む

⑥音読

⑦オーバーラッピング

シャドーイング 

 

 

大まかな流れはこんな感じです。

 

解き直した後に、今度は問題を解くことは一切考えずに、自分がどれだけ聞き取ることができるのかを確認します。 

 

その後、本文を見ながら音声をもう一度聞き、自分が聞き取れていない部分を細かく確認します。

 

音読・オーバーラッピングの時に意識できるように、聞き取れてなかった部分はマーカーなどで印をつけることをオススメします・

 

解答・解説を読む前に、日本語訳と照らし合わせながら音読する理由は、内容がしっかりと理解できてからの方が、解答・解説が理解しやすいからです。

 

この時にわからない単語が出てきたら、しっかりと調べましょう!

 

解答・解説が読み終わったら、音読→オーバーラッピング→シャドーイングの順番で進めていきます!

 

スラスラできるようになるまで繰り返しましょう!

 

800点以上を目標にしている方は、オーバーラッピング・シャドーイングの時に1.2倍速や1.5倍速など普段よりも速い音声を使った練習をするのがオススメです。

 

 

音読についてもっと詳しく知りたい方はこちらから!

 

 

www.toeic.work

 

 

シャドーイングについてもっと詳しく知りたい方はこちらから!

 

 

www.toeic.work

 

 

 

4、1セット解き直す!

 

f:id:ktakeshi1214:20180114150003j:plain


 

 

すべての問題の復習が終わったら、1セット解き直します。

 

先ほど私が復習は間違えた問題から解き直すのがオススメと書いていたのを覚えているでしょうか?

それは、最後にもう一度解き直すからです!

 

間違えた問題は、復習をしてから出来るだけ日数を開けて解き直したいと考えているので、間違えた問題から復習することをオススメしています。

 

復習してから解き直すので、ほとんどの問題はスラスラと解くことができると思います。

 

もちろん、それでも間違えてしまう問題は出てくるでしょう。

 

そうしたらまた、復習して、2・3日ほど間を開けてから解き直します。

 

完璧になるまで繰り返し頑張りましょう!

 

 

 

まとめ

 

f:id:ktakeshi1214:20180923141133j:plain

 

以上が、私が実践している模試問題集の復習方法です。

 

書店に行くと様々な模試問題集がありますが、とりあえず公式問題集を最初に使うことをオススメします。

 

理由は、公式問題集が唯一、本番と同じ雰囲気で、同じナレーターで問題など、本番に一番近い形で問題を解くことができるからです!

 

 

 

 

模試問題集の復習は気が遠くなるほど大変です。

 

しかし復習がしっかりとできていれば、必ずスコアアップにつながります!

 

ぜひ参考にしてみてください!

 

 

 

というわけで今回はここら辺で終わりにしたいと思います!

 

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございます!

 

では皆さん、一緒に勉強頑張りましょう!!!

 

 

Twitter:TToeic990 ぜひフォローしてください!