類義語の使い分け!

「in front of」と「ahead of」の使い方の違いとは?

更新日:

 

「in front of」と「ahead of」は、どちらも「〜の前に」という意味を持っています。

両者とも同じ意味を持っていますが、「in front of」と「ahead of」の使い方には違いがあります!

というわけで今回は、「in front of」と「ahead of」の使い方の違いを紹介していきます!

 

「in front of」と「ahead of」の使い方の違いとは?

 

「in front of」と「ahead of」の使い方の違いは、以下の通りです!

 

ポイント

in front of→後に来る名詞は動いている場合も動いていない場合も使うことができる。

ahead of→後にくる名詞が動いている場合のみ使うことができる。

 

「in front of」と「ahead of」の使い方の違いについて、例文を使ってみていきましょう!

 

⭕️We will meet in front of the station.(私たちは、駅の前で会う予定だ。)

❌We will meet ahead of the station.

 

この例文では、ahead ofをin front ofの代わりに使うことができません。

station(駅)は動かないものだからです。

そのため、建物などの動かないものの前を表したいときは、「in front of」を使います。

 

⭕️He was unwilling to walk ahead of me.(彼は、私の前を歩くのを嫌がった。)

⭕️He was unwilling to walk in front of me,

 

この例文の場合、私(me)も歩いている状況であれば、「ahead of」を使うことができます。

「in front of」は、動いていても動いていなくても使うことができるため、使うことができます。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

「in front of」と「ahead of」の使い方の違いについては以上です!

ぜひ、この違いを覚えて、正しく使い分けられるようになってください!

 

というわけで今回は、ここら辺で終わりにしたいと思います!

ここまで読んでいただき、ありがとうございます!

では皆さん、一緒に勉強頑張っていきましょう!!!

スポンサーリンク

YouTubeチャンネル!

チャンネル登録お願いします!

ふとん大学

-類義語の使い分け!

Copyright© バカでもTOEIC990! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.