類義語の使い分け!

【英語】「say, tell, speak, talk」の使い分け!

更新日:

 

「話す」「言う」を表す英単語には、「say, tell, speak, talk」があります。

日本語訳だと、全て同じ意味になってしまいますが、それぞれ違ったニュアンスを持っています。

というわけで今回は、「say, tell, speak, talk」の違いについて紹介していきます!

 

say

to speak or tell sb, using words:

オックスフォード英英辞典 第7版より

 

「say」は、「人の発言などを話す内容」に焦点が置かれている単語です。

 

He said that he will go to the library to do homework.

(彼は、宿題をやるために図書館に行くと言っていた。)

 

 

tell

to give information to sb by speaking or writing

オックスフォード英英辞典 第7版より

 

「tell」は「特定の相手に情報や指示を伝える」と「伝える内容に加えて伝える相手」に焦点が置かれている単語です。

 

My grandfather used to tell us his story.

(おじいちゃんは、よく私たちに彼の話をした。)

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

speak

to speak to sb about sth; to have a conversation with sb:

オックスフォード英英辞典 第7版より

「speak」は、「口から音声・言葉を出す」が基本的な意味で、「一人の人が一方的に話す」を強調する単語です。

 

I am not good at speaking in public.

(私は、人前で話すのが苦手だ。)

 

talk

to say things; to speak in order to give information or to express feelings, ideas, etc

オックスフォード英英辞典 第7版より

 

「talk」は、「2人以上の人が話をかわすこと」を表す単語です。

 

Some students were talking during the lecture.

(授業中、何人かの生徒はおしゃべりをしていた。)

 

 

「say, tell, speak, talk」の違いは以上です!

まとめると次の通りです!

 

say→「人の発言などを話す内容」に焦点が置かれている

tell→「特定の相手に情報や指示を伝える」と「伝える内容に加えて伝える相手」に焦点が置かれている

speak→「口から音声・言葉を出す」が基本的な意味で、「一人の人が一方的に話す」を強調する単語

talk→「2人以上の人が話をかわすこと」を表す

 

ぜひ違いを覚えて、英会話などで使い分けでください!

 

というわけで今回は、ここら辺で終わりにしたいと思います!

ここまで読んでいただき、ありがとうございます!

では皆さん、一緒に勉強頑張っていきましょう!!!

 

スポンサーリンク

-類義語の使い分け!

Copyright© バカでもTOEIC990! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.