洋書 英検 英検 オススメの参考書

「Word Power Made Easy」を徹底レビュー!最高の語彙力を得たい方へ!

更新日:

 

全ての英語学習者にとって、語彙は永遠のテーマです。

語彙の勉強が終わる日は、おそらくきません笑

どれだけ単語を覚えたとしても、洋書を読んだり海外ドラマを観たりすると、知らない単語が出てきます。

もし、このような単語を覚えることができたら?

洋書や海外ドラマで、辞書を引くことが少なくなりますよね!

今回する「Word Power Made Easy」を読めば、そのような一般的には難しめの単語を覚えることができます!

 

「Word Power Made Easy」の構成!

 

「Word Power Made Easy」は19章に分かれています。

最初は自分の現在のレベルをチェックするためのテストから始まります。

基本的に1章の中で、単語の意味の説明→テスト→語源の説明→テスト→語源の説明→テスト→、、、

このように進んでいきます。

語源の説明→テストの数は、章によって変わっていきます。

章と章の間には、コラムのような感じで、よく間違われやすい文法についてちょっとしたテストと解説があります。

「Word Power Made Easy」は語彙を強化するために本なのですが、この文法についてのコラムがとても勉強になります!

自分もいくつか間違って覚えてしまっていた文法事項がありました。

 

「Word Power Made Easy」にのっている単語の難易度ですが、私の体感としては、英検1級以上だと感じました。

実際に英検1級の語彙問題で出てきた単語が「Word Power Made Easy」の中でも出てきました。

また、TOEFLの単語帳に載っている単語もいくつか出てきました。

いずれにせよ、難易度は結構高めです笑

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

「Word Power Made Easy」のオススメポイント!

 

語源から意味が説明されているからわかりやすい!

 

「Word Power Made Easy」に出てくる単語は、全て語源から意味が説明されています。

なので、単語・意味だけのセットで覚えるよりも、はるかに覚えやすいです。

少し前に、「英単語の語源図鑑」という本が、単語を覚えるのに役に立つと話題になりました。

特に、難しい単語だと、単語を覚えること自体も大変ですし、日本語訳を覚えるのも大変です。

そのため、難しい単語ほど語源を使って覚えていくのが効果的です。

仮にはっきりと意味が覚えられなかったとしても、語源の意味が分かっていれば、意味をなんとなく推測することができます。

 

 

記憶に定着するためのテストが用意されている!

 

「Word Power Made Easy」では、出てくる単語をしっかりと記憶に定着させるために、いくつかのテストが用意されています。

テストも1種類だけでなく、語源自体の意味を答えさせたり、選択肢の英文の意味と合う単語を選んだり、その英文の意味を表す英単語を書いたりと、色んなテストがあります。

章ごとにテストがあり、結構細かくテストをすることになります。

やはり、単語は意味を読んだだけでは、なかなか覚えることができません。

覚えた単語は使っていかないと、どんどんと忘れていってしまいます。

(悲しいことに使っても、そのまま使わなくなってしまったら忘れてしまいますが笑)

そのため、テストはとても効果的な方法ですが、これを自分で作ってテストするというのは、めんどくさくてなかなか出来ないですよね笑

しかし、「Word Power Made Easy」では、元々用意されているので、自分で作る必要がありません!

 

 

リーディングの勉強にもなる!

 

「Word Power Made Easy」は洋書なので、語彙力を鍛えるだけでなく、リーディングの練習にもなります!

語彙力もリーディングも鍛えられるので、一石二鳥な洋書ですが、その分、読むのは大変です笑

語源の説明の中にもわからない単語がちょこちょこ出てきたりして、私の場合は、辞書を時々ひきながら読んでいました。

語源の説明を読んでも、ちんぷんかんぷんの時は最終手段として、その単語を辞書で調べて、意味を把握した後、もう一度その語源の説明を読んでいました。

なので、思ったよりも読み終えるのに時間がかかってしまいました笑

そのため、洋書を読むのが初めてという方には、少しきついかもしれません。

しかしその分、読み終えた頃には達成感もありますし、その後の英語学習にもつながる語彙力とリーディング力をつけることができます!

 

 

 

「Word Power Made Easy」の紹介は以上です!

「Word Power Made Easy」、英語の語彙力をつけたい方には、本当に役に立つ洋書です。

「英検1級、TOEFLを受けられる方」や、「洋書や英字新聞を読むときに、辞書を引く回数を減らしたい!」と思っている方は、ぜひ「Word Power Made Easy」を読んでみてください1

 

アマゾンで調べると、マスマーケットが一番安いのですが、もろくてすぐにボロボロになりやすいので、あまりオススメではありません笑

私はケチってマスマーケットにしたのですが、表紙が少し破けました笑

(最初の画像を見ていただくとわかると思います笑)

まあ、正直使い続けていればいつかは破けるので、仕方のないことですが笑

ボロボロになりやすいのは嫌だという方には、値段が高くしまいますが、ハードカバーかキンドル版を使うのをオススメします。

 

というわけで今回は、ここら辺で終わりにしたいと思います!

ここまで読んでいただき、ありがとうございます!

では皆さん、一緒に勉強頑張っていきましょう!!!

スポンサーリンク

-洋書, 英検, 英検 オススメの参考書

Copyright© バカでもTOEIC990! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.